こんなに違う!メンズ脱毛専用機器でサロンと医療を徹底比較|メンズ医療脱毛ブログ|【公式】メンズスキンクリニック銀座院

メンズスキンクリニック銀座院モテる!
オトコの医療脱毛なら
メンズスキンクリニック銀座院

電話予約
0120-655-553

メンズスキンクリニック銀座院 モテる!
オトコの医療脱毛なら
メンズスキンクリニック銀座院

 

BLOG
こんなに違う!メンズ脱毛専用機器でサロンと医療を徹底比較

メンズ脱毛は実は機器によって全然違う

最近は男性であってもムダ毛処理に関する興味関心が高まっており、特に脱毛についての相談や問合せは増加傾向にあります。
ただ、実際に外部の施設で脱毛を申し込んで契約をするのが最適か、なかなか判断つきにくいほど様々なメンズ脱毛のサロンやクリニックが存在します。

また、脱毛サロンやクリニックでも脱毛の施術方法はことなっており、特に

脱毛効果に大きく影響するのが使用する脱毛機器

になります。

どのような方式の脱毛機器を使用して脱毛施術をしている医療機関か、または脱毛サロンかなどと契約するかによっても、理想とする脱毛成果の状態までに必要な費用や通所回数、トータル期間などは実際にまったく異なる場合がありますので事前にきちんと確認しておくことが推奨されます。

今回は、使用する脱毛機器によってもこんなに差がでて全然違うということを知っていただくために、医療機関やサロンで使用されている脱毛機器の方式や種類について紹介させていただきます。

Youtubeで見るメンズ脱毛の様子

医療メンズ脱毛施術の様子をYouTubeで事前に動画チェック!

メンズ脱毛専用機器でサロンと医療を徹底比較を知る前に、当クリニックで最も推奨される医療脱毛がどのような手順で、どのような環境で医療脱毛されるかの施術の様子をYoutubeで事前に視聴いただけます。

メンズスキンクリニックのYouTube脱毛専門チャンネル 》

脱毛サロン使用の光脱毛器の種類と性能解説

まずは、一般的な男性用の脱毛サロンで使用される光脱毛器の方式や種類からご紹介させていただきます。
脱毛サロンで使用される光脱毛器は、主に以下の3方式が採用されています。

脱毛サロン使用の光脱毛器の種類と性能解説のイメージ

IPL方式脱毛

光脱毛器の定番方式としても認知度が高く定番と言われるのが、IPL方式の光脱毛器です。
IPLはインテンス・パルス・ライトの略で、カメラのフラッシュライトのように光が一瞬光って照射するためフラッシュ脱毛ともいわれています。
わりと太くてしっかりとした毛髪に対して効果的とされています。

有害な紫外線がカットされているとIPL方式のデメリットは、生じる痛みと日焼けなどで色素が沈着している肌の状態は使用不可という2点が挙げられます。
毛根組織のメラニン色素に対し直接光照射でダメージ与えるため、脱毛サロンで行われる施術の中では痛みを感じやすい脱毛方式になります。

また、黒いメラニン色素に対して光照射することで効果を発揮しやすいため、日焼けなどによりメラニン色素が沈着した肌が黒い状態では、IPL機器を使用しての施術を受けることができません。
おおくの脱毛サロンで使用されるIPL方式の脱毛器は日焼け肌に対して使用不可となるため、IPL方式で脱毛施術を希望する場合は、日頃から紫外線から地肌を守るUVケアが必須になっているようです。

SHR方式脱毛

SHR方式による脱毛器は、従来の毛母細胞や毛乳頭などの毛根組織を破壊する方式ではなく、近年発見された新しい器官であるバルジ領域に対して照射をする脱毛方式で、バルジ領域は発毛指令を毛乳頭に対して発する器官であるため、産毛などに対して特に効果が出やすいとされています。

SHR方式脱毛のイメージ

IPL方式などの従来のようなメラニン色素に対して高熱を与える方式とはことなり、弱い光照射のため、痛みも感じにくく、なかには痛みをほとんど感じないという方もいらっしゃいます。

メラニンに対して照射する今回紹介している従来のIPL脱毛やSSC脱毛方式とは異なるため、メラニン色素が沈着した日焼け肌への脱毛施術も可能になります。

ただし、男性に多い太くて硬めのしっかりした体毛には、あまり効果が見込めない可能性があるようです。
さらに、脱毛効果を実感するためには期間が長くなりやすいため、気長にしっかりと照射回数を重ねていく必要があります。

SSC方式脱毛

SSC脱毛の特長は、抑毛の有効成分を含むビーンズジョルを塗り、光脱毛機器のなかでも肌への負担を最小限に抑えられるクリプトンライト照射によりジェル成分を毛穴に浸透させることで、徐々に発毛しなくなるような抑毛効果を与える方法です。
ジェルを塗布する方式の脱毛方法のため幅広い肌質に適合できて、肌にやさしいライト照射のため痛みをほとんど感じることなく施術できるのが大きな特徴になります。
さらにジェルの中に含まれる有効成分には抑毛や減毛効果の期待できる成分のほかに、保湿や美肌効果も期待できる有効成分が含まれています。

肌に優しく美肌効果も期待できるSSC方式ですが、デメリットとしては脱毛効果と専用ジェルの塗布が必須になるという点と太くて強い毛では効果が得られるまでに時間がかかることです。
また、SSC方式での脱毛は、抑毛有効成分を毛母細胞に浸透させることで発毛を抑えようと働きかける方法であるため、脱毛効果を感じるまではわりと期間を要することになり、脱毛の即効性が高くない方法と言われています。

SSC方式脱毛のイメージ

有効成分を毛根組織に対して浸透させる施術を繰り返すことで、肌を痛めることなくゆっくりと抑毛効果を期待するような脱毛方式になります。
ジェルの塗布が必須条件となるので、ジェルの感触や塗布することでの準備などがやや負担になる方もいらっしゃいます。またIPL方式同様に、日焼けした肌、ほくろやシミなどがある場合は施術ができない場合があるので注意が必要です。

医療脱毛使用のレーザー脱毛器の種類と性能解説

ここからは、医療機関で医療脱毛用としても使用されているレーザー脱毛について代表的な方式を紹介させていただきます。

レーザーとは電磁波の一種で、エネルギー波の波長(波の間隔)によって特徴が異なります。
強力に電磁波が集約される特性のレーザーは、波長が長いほど指向性が強く皮膚の下まで浸透しやすくなり、より深く肌の奥まで届きやすい特性があります。

ただし、波長が長く強力なレーザーが脱毛効果が高く有効であるという訳ではありません。
実は波長が短いレーザーの方が毛根組織を破壊するために、黒いメラニン色素に対して、より効果的に強く反応する特性があります。

今回は、医療脱毛でも利用される医療機器の、波長の長い、強いレーザー出力の方式から順番に紹介させていただきます。

ヤグレーザー方式脱毛

皮膚の表層からより深い毛根組織に対しても効果が出やすいとされるのがヤグレーザー方式です。 毛根自体が肌の表面からより奥の深い場所に毛根がある毛髪に強い効果を発揮しやすい波長の長いレーザーです。
より深い毛根へ届く強めのレーザーになりますが、高い出力のため、痛みをより感じやすい方式になります。

また、他種のレーザー方式に比べると、照射時間も相対的に長くなる傾向がありますので、施術時間をできるだけ短い時間で済ませたい方にはあまりお薦めできないレーザー方式になるかもしれません。

ヤグレーザーを使用しているレーザー脱毛機器としては、ジェントルヤグ・ジェントルマックスプロなどがあります。

ヤグレーザー方式は、他のレーザーでも届きにくい、毛根が皮膚から深い場所にある毛髪に対して有効なレーザー脱毛機器となるでしょう。

ダイオードレーザー方式脱毛

ダイオードレーザー方式は、地肌が褐色系であったり軽く日焼けした肌、産毛などに対して使用できるのが特徴です。
脱毛用のレーザー種の中においては、比較的に痛みが少ないという特長があります。

元々の地肌が褐色系であったり軽く日焼けした肌の方で、他のレーザーなどが使用できずに痛みなどを心配される肌質の方にお薦めのレーザー脱毛方式です。

蓄熱式のダイオードレーザー方式であれば、メラニン色素に対して照射するタイプとことなりバルジ領域に対して影響を与えるため、痛みを抑えて低温での施術が可能なため、産毛などわりと細い毛の脱毛に適しているといえます。

ダイオードレーザー方式脱毛のイメージ

ダイオードレーザーを使用しているレーザー脱毛機器としては、メディオスターなどがあります。

医療脱毛用で使用されるダイオードレーザー方式にはメラニン色素に対して影響するタイプと、バルジ領域を対象にしている機器があるので事前にクリニックに確認しておきましょう。

アレキサンドライトレーザー方式脱毛

医療脱毛用のレーザー方式で、もっとも使用され定番方式とされるのが、このアレキサンドライトレーザー方式での脱毛です。

黒いメラニン色素に対して今回紹介させていただいたレーザー方式の中で、いちばん熱吸収されやすく強く反応させるレーザーで脱毛が可能な方式です。
上記紹介した2つのレーザーと比べると波長が一番短いレーザー種となり、メラニン色素を多く含む黒くて強い毛髪に対して効果が強いので、男性脱毛の場合にはヒゲやvioラインに対して有効度が高く、しっかりとした効果を短期感で実感しやすい点が特長です。
人気の脱毛部位であるヒゲやvioにも効果が高いため、多くのメンズ脱毛クリニックで採用されるのも納得の理由です。

アレキサンドライトレーザー方式脱毛のイメージ

ただし、波長が短いため、産毛など色素の少ない薄い毛や表皮からより深い毛根組織には反応しにくいです。また表皮から広い範囲で色素に反応しやすいため、日焼けした肌などには使用不可の方式になります。

医療脱毛用レーザーとして代表的なアレキサンドライトレーザー方式を使用している機器には、ジェントルレーズなどが挙げられます。

医療脱毛用レーザーは、主に黒い色素(メラニン)と近年発見された割と新しい器官のバルジ領域があり、ほとんどのメンズ脱毛クリニックではメラニン色素に対してレーザー照射する方式が主流とされ、臨床結果としても効果が高いとされているようです。

脱毛サロンと医療脱毛は別処理方法となる機器種別

医療機関で使用される脱毛機器と脱毛サロンで使用される脱毛機器では、一括りに脱毛とカテゴリーされてしまいがちですが、実は脱毛効果や使用できる機器や方式が大きく異なります

端的に一言で表すならば、

発毛組織を根本から破壊するのが医療脱毛

となります。

発毛組織を破壊するための脱毛施術は使用可能な機器の制限もあり、脱毛サロンでは実質的に行うことができません
脱毛サロンで使用できる機器で期待できる効果は、毛を生えにくくしたり発毛サイクルを遅延させるための、減毛や抑毛効果がメインとなるでしょう。
そもそも使用許可されている機器の種類が異なるので、脱毛サロンと医療脱毛で脱毛効果を比較すべきではないかもしれません。

毛量をなんとなく減らしたり発毛サイクルを遅くすることを期待するのであれば脱毛サロンでも十分かもしれませんが、中長期的に毛が生えてこなくなる本質的な脱毛効果を希望される方のあれば、クリニックでの医療脱毛を選択することが必要になるでしょう。

脱毛サロンと医療脱毛は別処理方法となる機器種別のイメージ

脱毛効果をしっかり実感できる機器選択の重要性

今回は、脱毛サロンや医療機関で使用される脱毛用の機器の種類や方式について、比較や照射方式別での紹介を交えておまとめさせていただきました。
ご自身の肌質や肌の状態、対象となる毛髪の毛根組織の特性などをもとに、より効果的な方式や機器も選択してもらえればと存じます。

どのような脱毛効果を期待するかにより施術を受けるための脱毛機器や方式が明確になれば、医療機関と脱毛サロンでいずれの施設での脱毛が最適であるか、ある程度選択肢は絞り込んでいただけます。

ご自身が理想とする脱毛された肌の状態を目指して、肌質や毛質、脱毛箇所や施術回数などを前提にして脱毛施術をご検討していただければ嬉しく存じます。

メンズスキンクリニックでは、レーザー方式の中でも比較的効果を高く早く実感していただけやすいアレキサンドライトレーザー方式の医療脱毛機器を使用して、結果を実感していただける脱毛施術のご対応をさせていただいております。

高い効果を得るために高出力照射が必要になる医療レーザーでの痛みがご不安であったりご心配な方は、痛みを可能な限り抑えることができる笑気麻酔や麻酔クリームを使用しての脱毛施術も可能ですので、ご安心ください。
そのほかご不明点やご質問など、事前に無料カウンセリング対応も完備しておりますので、不安な点が少しでもあれば、あらかじめ無料カウンセリングへご相談いただけましたらと存じます。

モニターさまによる初めての医療メンズ脱毛体験

メンズスキンクリニックで実際に医療脱毛施術を初めて受けたモニターさまに感想を語っていただいております。
体験をもとに実際の医療脱毛の感想と脱毛エステとの違いなどについて解説いただきました。

メンズスキンクリニックの脱毛モニターYouTube動画 》

記事の監修および著者

このメンズ脱毛専用機器でサロンと医療を徹底比較の解説ページは医療施術に関する専門的な内容になっています。日本形成外科学会(JSPRS)専門医、日本美容外科学会(JSAPS)正会員を有する メンズスキンクリニック医師陣が監修し著述しております。

記事の監修および著者:メンズスキンクリニック院長 高比史代

無料でお問合せ

メンズスキンクリニックでは医療機関での脱毛専用機器に関する情報についてのカウンセリング料、診察料、再診料などは頂いておりません
ご相談やお問い合わせはすべて無料でご対応させていただいております。
事前にご不安や心配な点などはすべてクリアしていただいてから、安心して施術を開始できます。

この記事をシェアする