ヒゲ脱毛で徹底比較!家庭用脱毛器と医療脱毛の効果対決|メンズ医療脱毛ブログ|【公式】メンズスキンクリニック銀座院

メンズスキンクリニック銀座院モテる!
オトコの医療脱毛なら
メンズスキンクリニック銀座院

電話予約
0120-655-553

メンズスキンクリニック銀座院 モテる!
オトコの医療脱毛なら
メンズスキンクリニック銀座院

 

BLOG
ヒゲ脱毛で徹底比較!家庭用脱毛器と医療脱毛の効果対決

メンズ大人気のヒゲ脱毛の方法と種類

男性にたいへん人気の高いヒゲ脱毛ですが、ヒゲ脱毛についてどのような方法や種類があるかをご存じでしょうか。

メンズ大人気のヒゲ脱毛の方法と種類のイメージ

メンズのヒゲ脱毛については、すぐに思い浮かぶのは駅看板や雑誌広告、ネット広告やテレビCMでもよく見かける、脱毛サロンやクリニックでの医療脱毛かもしれません。

顔の下半分、顎から首周辺のわりと皮膚も弱く慎重な処理が必要となる脱毛となるため、専門事業者でないと対応がむずかしいと思われる方も多いでしょう。
でも実は、

男性のヒゲ脱毛も自宅で自分で行えるセルフ脱毛

という方法があります。

今回は記事では、男性の髭の脱毛方法や脱毛の種類、専門機関でもある脱毛サロンや医療機関でもあるクリニックでの脱毛、自宅でご自身で行うことが可能なセルフ脱毛など、メンズのヒゲ脱毛に関しての情報や日頃問合せや質問を受けやすい疑問への回答などについて、医療脱毛専門機関の視点を交えご紹介させていただきます。

Youtubeで見るメンズ脱毛の様子

医療メンズ脱毛施術の様子をYouTubeで事前に動画チェック!

医療メンズ脱毛人気のヒゲ脱毛の方法と種類を知る前に、当クリニックで最も推奨される医療脱毛がどのような手順で、どのような環境で医療脱毛されるかの施術の様子をYoutubeで事前に視聴いただけます。

メンズスキンクリニックのYouTube脱毛専門チャンネル 》

除毛クリーム髭脱毛の実際のところ

女性ならご利用の方も多いかもしれませんが、脚や腕などの人目に触れやすい身体の部位に使用される除毛クリームでは、いったい髭脱毛で使用することはできるのでしょうか。

結論から言ってしまいますが、これらの除毛クリームでは、男性のヒゲ脱毛にご利用いただくことはできません
除毛クリームの効用や成分は、あくまでも皮膚から生えている毛の根本のたんぱく質を溶かすことにより、切れやすい状態にして毛根の上の部分から除去処理するだけのクリームです。

発毛の細胞群でもある毛根の発毛組織に影響を与えることはないため、脱毛という前提で使用するクリームではありません
また、ほとんどの除毛クリームでは、粘膜などに覆われた器官が多い顔全体に対しての使用を禁止しています。

もし、どうしても除毛クリームを使用して髭の除毛処理をする場合は、事前に除毛クリームがヒゲの除毛に使用可能かを確認して、用法や用量をしっかり守って使用することにしましょう。

除毛クリーム髭脱毛の実際のところのイメージ

自宅セルフでヒゲ脱毛のお薦め方法

前項でも説明させていただきましたが、男性のヒゲ脱毛は自宅でご自身で行える脱毛方法というものがあります

セルフ脱毛とも言われますが、一般の人が購入可能な家庭用脱毛器を使用した脱毛方法です。

比較的手軽に自宅でも脱毛を試すことができるため、ムダ毛処理で悩んでいる女性達を中心に大人気になりました。
最近はさらに男性の脱毛需要の増加からか、家庭用脱毛器を使用したセルフ脱毛ブームの影響のためか男性にも大人気で、メンズのヒゲ脱毛で利用している男性の方も多くいらっしゃいます。

セルフ脱毛の最大の利点でもあり魅力は、従来のようにクリニックや脱毛サロンに行くことなく、脱毛を行えるという点が挙げられるのではないでしょうか。

家庭用脱毛器であれば場所や時間にとらわれず、自分の好きな時間に自由に脱毛を行えるので、クリニックや脱毛サロンへ通所する時間がどうしても合わせずらい方には、とてもお薦めの脱毛方法になります。

自宅セルフのヒゲ脱毛の要注意デメリット

では、自宅で時間を選べて自由に行えるセルフ脱毛はメリットだけでしょうか。
自分で気軽に脱毛が可能な家庭用脱毛器にも、やはり注意すべき大きなデメリットがあります。

家庭用脱毛器の要注意デメリット①:顔使用の非対応機種

男女問わず大人気の家庭用脱毛器ですが、市場にはたくさんのメーカーから多様な機器が発売されていますが、製品によっては使用できる場所が異なっています

使用が禁止されている部位として、顔全体や首よりも上としている家庭用脱毛器は多く存在しているようです。
また、機種によってヒゲなどには使用可能な場合と、全面的に顔への使用ができない製品もあります。顔は人体の中でも急所が集中しており皮膚も弱くデリケートな場所であり、特に男性のヒゲの毛質は太く硬めで毛密度も高いため、使用時の危険性が高くなるためです。

もし手頃な家庭用脱毛器を入手できたとしても、顔への使用が禁止されている製品の場合は要注意です。

家庭用脱毛器の要注意デメリット②:火傷や肌荒れの危険度

光やレーザー脱毛器の仕組みは基本的に黒い毛のメラニン色素に対して照射しているため、剃り残しなどがある場合は残った黒い毛に照射熱が加えられ、火傷や肌荒れを起こす危険性もあるため家庭用脱毛器でも注意が必要になります。

特に男性の場合は毛が太く硬めで毛密度が高い傾向があるため、毛深い人や毛が太く密集している部位は、より肌荒れや火傷の危険性が高くなります。また毛の黒い色素に対して照射することで熱が集約されるため、早く効果を得ようとして同じ場所に短期間で何回も照射することも、かなり危険な使用方法となるので要注意です。

自宅セルフのヒゲ脱毛の要注意デメリットのイメージ

ひげ脱毛は医療機関が推奨される理由

前項では自宅で自身で行うことを前提としたセルフ脱毛として、家庭用脱毛器のデメリットや注意事項を紹介させていただきました。

家庭用脱毛器で自身で行うセルフ脱毛が心配であったり不安な方であれば、ほかの髭脱毛の方法としては、医療機関や脱毛サロンなどの専門機関での脱毛処理になります。

クリニックでの医療脱毛での大きなメリットは、

高出力のレーザー照射が可能な永久脱毛ができる

ことです。

レーザー照射は医療機関でのみ使用可能な脱毛方法です。

ひげ脱毛は医療機関が推奨される理由のイメージ

脱毛サロンにおいてはそれほど高くない出力での光照射による処理になりますが、脱毛というよりも減毛処理といった方が適切かもしれません。

上の説明でも解説しておりますが、クリニックでの医療脱毛と脱毛サロンの最大の違いは、医療行為でのみで許可されている強い出力の機器を使用して発毛組織を根本から破壊することが可能か否かという点になります。

医療機関での脱毛施術であれば、医学的な根拠を元にした高い効果の脱毛施術を受けることができます。

なんとなく発毛の速度や毛量を減らしたい場合であれば脱毛サロンで良いでしょうし、しっかりと発毛組織を根本から破壊して毛を生えない状態にしたい場合であれば医療脱毛というように、ご希望にあわせて選択されるのが良いでしょう。

最後にもう一つ、医療機関での脱毛が推奨される理由としては、脱毛効果以外にも専門医による診察や処方箋の発行が可能な点があります。
万一、肌質があわなかったり元々皮膚が弱いために肌荒れや火傷が発生した場合にも、状況や状態を把握して迅速に対応できる点があるでしょう。

医療機関だからこそ可能なこの2つのメリットだけでも、医療脱毛をお薦めする理由をご理解いただけるのではないでしょうか。

医療機関で髭脱毛のデメリットと評判

さて、医療機関で使用が許可されている脱毛マシンの効果に医学的な根拠があることはご理解いただけたかと存じます。
それでも、医療脱毛も利点だけはなく、永久脱毛のために高い出力機器を使用するためのデメリットはあります。

ここからは医療脱毛におけるデメリットから最適な対象方法を順番にご紹介いたします。

医療脱毛デメリット①:痛みに関する評判

ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、医療脱毛は家庭用脱毛器やサロン脱毛と比べると痛みを感じやすいという評判や噂があります

実際には脱毛効果の高い威力の強いレーザー照射を行うため、概ね間違っていないかもしれません。医療脱毛の痛みをわかりやすく例えると、皮膚に輪ゴムを引っ張って当てたような痛みと似ていると表現されることが多いようです。

痛みが特に苦手な方にとっては、医療脱毛を敬遠したい大きなデメリットになってしまうかもしれません。

医療脱毛デメリット①:痛みに関する評判イメージ

痛みの対策方法

医療脱毛における、輪ゴムで皮膚をはじくような痛みの具体的な対応策としての一つ目は、施術前日にしっかりと丁寧に剃り残しがないように剃毛してから脱毛施術を受けることが有効です。剃り残しの毛が皮膚の表面に残ることで照射熱が集まり、皮膚を火傷したり肌荒れの原因となりやすいからです。

それでも本当に痛みが心配で不安だという方には、二つ目の対策方法、笑気麻酔や麻酔クリームといった麻酔使用での脱毛施術がかなりお薦めです。
麻酔を使用して痛みを感じにくくさせるため、あまり痛みを感じることなく脱毛施術を受けることが可能になります。

医療脱毛デメリット②:お試し脱毛体験に関する評判

サロンやエステなどでは、無料に近い料金設定でお試し体験コースなどを設定している施設が多く脱毛サロンもその例外ではありません。
一方、医療機関でもあるためかクリニックでの脱毛コースには、脱毛サロンに比べるとお試し型の体験プランなどの消費喚起するような初回格安料金などの商業的なプロモーションは控えめなクリニックが多いようです。

クリニックはあくまでも医師免許をもつ医師が医療行為をする医療機関であるという影響もあるかもしれません。

お試し脱毛体験の対策方法

医療機関でのお試し脱毛体験の対策はむずかしいでしょうか。

お試し脱毛体験の対策方法のイメージ

そんなことはありません。
脱毛を無料に近い料金で体験したり、お試しで施術を受けることが可能な医療機関は総体的に少ないことは確かです。
しかし、脱毛施術を受ける前に多くの医療機関では、事前にしっかりとカウンセリングを行い、心配なことや不安な点についてある程度解決することが可能です。

医療機関であるため、事前の相談や必要であれば診察を受けることが可能なので、そういった点ではお試し体験よりも安心して安全に脱毛施術を判断いただける対策であるかもしれません。

メンズスキンクリニックでは無料カウンセリング対応があるので、相談だけでもお試し体験いただくことが可能になっております。

医療脱毛で長く効果を実感できるひげ脱毛

今回はメンズのヒゲ脱毛をテーマに、自宅でご自身でひげ脱毛を行うセルフ脱毛方法や種類についての利点やデメリット、脱毛サロンや医療機関でもあるクリニックでの脱毛処理の相違点などについて具体的に紹介させていただきました。

セルフ脱毛で使用する家庭用脱毛器は、気軽に自宅で自分で行う減毛効果を期待しての処理ならお薦めです。男性のひげや首から上への使用できる機器を製造、販売しているメーカーでも製品により使用可能な機種あるので、事前にしっかりと確認してから購入することが推奨されます。
また、男性のひげは総体的に毛根が強く深い毛質であるため、しっかりと発毛抑止効果を前提とした、効果的な脱毛を希望される方であれば医療脱毛がお薦めです。

医療脱毛は発毛組織を破壊する効果的な永久脱毛が可能

男性は一生の間で、一体どれくらいの時間と回数をひげ剃りに費やすのでしょうか。
あるクリニックの統計データでは、平均的な男性は60歳までに人生のまる3ヵ月間を髭剃りに費やしているそうです。 貴重なあなたの人生の時間の節約のためにも、ぜひ医療機関での脱毛をご検討いただければと存じます。

医療機関であるメンズスキンクリニックでは、毛根が強くて深い男性のひげに対しても、医学的根拠に基づいて効果をしっかり実感していただける専用の医療レーザーで脱毛施術を対応させていただけます。 男性のヒゲ脱毛や家庭用脱毛器の効果に満足していない方、髭剃りの煩わしさ青髭でお悩みの方は、ぜひ無料カウンセリングからお気軽にご連絡いただければと存じます。

モニターさまによる初めての医療メンズ脱毛体験

メンズスキンクリニックで実際に医療脱毛施術を初めて受けたモニターさまに感想を語っていただいております。
体験をもとに実際の医療脱毛の感想と脱毛エステとの違いなどについて解説いただきました。

メンズスキンクリニックの脱毛モニターYouTube動画 》

記事の監修および著者

この男性の人気ヒゲ脱毛の方法と種類の解説ページは医療施術に関する専門的な内容になっています。日本形成外科学会(JSPRS)専門医、日本美容外科学会(JSAPS)正会員を有する メンズスキンクリニック医師陣が監修し著述しております。

記事の監修および著者:メンズスキンクリニック院長 高比史代

無料でお問合せ

メンズスキンクリニックでは人気のヒゲ脱毛の方法と種類についてのカウンセリング料、診察料、再診料などは頂いておりません
ご相談やお問い合わせはすべて無料でご対応させていただいております。
事前にご不安や心配な点などはすべてクリアしていただいてから、安心して施術を開始できます。

この記事をシェアする