ちんげを剃るのは超危険!?陰毛処理の最適方法

メンズスキンクリニック銀座院モテる!
オトコの医療脱毛なら
メンズスキンクリニック銀座院

電話予約
0120-655-553

ちんげを剃るのは超危険!?陰毛処理の最適方法

メンズスキンクリニック銀座院 モテる!
オトコの医療脱毛なら
メンズスキンクリニック銀座院

 

BLOG
ちんげを剃るのは超危険!?陰毛処理の最適方法

ちんげの処理方法と危険度の関係

ちんげとはアンダーヘア、医療的には陰茎部周辺の毛髪、つまり陰毛のことです。メンズ脱毛の部位の分類上は、vioライン脱毛のvラインとiラインが該当します。

近頃、男性の美意識が一般的にかなり向上されていることもあり、通常はほとんど人目に触れることがないアンダーヘア部のちんげを剃る処理や脱毛をする方も、かなり増加傾向にあるようです。

普段の生活はほとんど人目を気にすることがないちんげ(陰毛)ですが、vioラインの体毛は硬質で太く、密集しやすいため、熱がこもりやすく蒸れや肌荒れ、独自の臭いが発生するなどの、トラブルや悩みがとても生じやすい部位でもあり、なんとか適切に処理したいと考えている男性も多いようです。

そのように本来は人間の大切な場所を守るための体毛であるちんげ(陰毛)ですが、処理の方法の仕方によっては、逆に肌荒れなどを引き起こしてしまう危険性もかなり高い部位になります。

ですので、正しい知識や適切な処理方法で対処する必要があるデリケートゾーンでもあるため、今回はちんげを剃る安全な方法や、最適な脱毛に関してご紹介させていただきます。

ちんげの処理方法と危険度の関係のイメージ

Youtubeで見るメンズ脱毛の様子

医療メンズ脱毛施術の様子をYouTubeで事前に動画チェック!

医療メンズ脱毛のちんげを剃る処理について知る前に、当クリニックで最も推奨される医療脱毛がどのような手順で、どのような環境で医療脱毛されるかの施術の様子をYoutubeで事前に視聴いただけます。

メンズスキンクリニックのYouTube脱毛専門チャンネル 》

剃りすぎ注意!ちんげを剃る適切な知識

ちんげに関わらず体毛処理でわりと一般的にイメージしやすいのは、カミソリで毛を剃る処理が多くの方が選択しやすい身近な処理方法かもしれません。
カミソリによる手動でのちんげを剃る処理において、まずはどのようなメリットがあるかを考えてみます。

肌を切ってしまうこともあるカミソリの刃は、皮膚の表層にある毛髪の大部分をすべて綺麗に処理することができるため、一度剃毛することで、しばらくはそのままで手入れ回数も少なく処理することは可能です。

ただし、するどい刃を柔らかい皮膚に直接あてるため、頻繁に毛髪を剃ることにより皮膚にダメージや傷を与えてしまいやすく、肌荒れやひどい炎症を引き起こす危険性があります。

では、どうしてカミソリによる剃毛は危険であるかについて、次の項目ではカミソリの危険性についてより踏み込んで解説してみます。

ちんげを剃ると危険な肌荒れが起こる

一般的な認知度も高いカミソリでのムダ毛処理ですが、綺麗に毛を剃り上げることは可能ではありますが、反面、

肌荒れなど皮膚のトラブルを引き起こす可能性の高い処理方法

でもあります。

なぜなら鋭いカミソリの刃で毛を剃る際に、皮膚に直接刃があたるため、一緒に肌の表皮を削ってしまいやすいためです。
しかも、ちんげを剃る場合は、硬くて太く毛髪の密集度も高い毛の処理となり、肌にカミソリの刃を強めに剃り当てる必要があるため、皮膚の表面も一緒に削ってしまう可能性がとても高くなります。

ですので、どうしてもカミソリを使用して手動でムダ毛処理を綺麗に行いたい場合は、シェービングクリームやボディークリームなど表皮の毛を剃る際にカミソリでの剃毛を潤滑にし肌へのダメージを防ぐなどのスキンケア対策もあわせて行うことがとても重要です。

ほかに毛髪をやわらかくする専用フォームを使用するなど、対策や処理工夫をすることで、カミソリの刃で地肌を傷つけるリスクをできるだけ減らすことが大切です。

陰毛を安全に減らすお薦めのカット処理

ちんげをカミソリで剃る以外の別の方法でも、処理することは可能です。
わりと安全に手軽に毛量を減らしたいだけなら、ハサミを使用してのカットが良いでしょう。

何よりも、地肌に金属の刃を直接当てることなく処理できるので、肌荒れを防ぎ皮膚を傷つけることなくちんげを減らすことができます。刈り込み方によっては、綺麗にちんげの長さを整えることで、簡単に清潔感を感じさせるような毛髪処理が可能です。
さらに、入浴前にお風呂場で時間をかけずについでにカットでき、そのまま洗い流せる点も、ちんげを剃るよりもメリットが高い点です。

逆にデメリットとしては、ちんげの発毛サイクルのスピードが早いため、お手入れの頻度が高くこまめな処理が必要になってしまう点が挙げられます。
また、ハサミでカットするだけでは、元々の毛の生えている密度や本数自体は減らないので、ちんげや陰部周辺の毛が濃い体質の方の場合は、蒸れたり痒みが解消されにくいという声もあります。

陰毛を安全に減らすお薦めのカット処理のイメージ

安全にちんげの処理や手入れ回数を減らし、できるだけ清潔で快適な状態を長く持続させたいというご希望をお持ちの方であれば、次の項目で紹介する脱毛方法が断然お薦めの処理方法になります。

お手入れが負担なら清潔な脱毛が最適

ちんげをカミソリで剃ったり、ハサミでカットしたりする手間や時間が負担に感じていて、ちんげを原因とする蒸れや肌荒れなどの悩みを抜本的にきちんと解決を希望されるなら、脱毛が最適な方法です。

脱毛であれば毛量を減らし、尚且つ日頃のムダ毛の処理負担を軽減して、日常生活を楽に快適に改善してくれます。
また、脱毛処理により毛自体が生えにくい状態で細くなり、全体としての見た目の印象が変化することで、清潔感がとても向上するでしょう。

脱毛施術による数回のレーザー照射でも効果を実感してご満足していただける方もおり、きっちりムダ毛をなくしてツルツルでスベスベの地肌までと完璧な脱毛までは希望されていない方でも、調整しながら脱毛を進められらます。

なにより、ちんげを剃る処理などの面倒な手入れやかかる時間がとにかく負担になっていて改善したいと考えている方であれば、是非ちんげの脱毛処理をお試しください。
それまでの苦労や煩わしさから解放されて、清潔感のある陰部の肌を手に入れることができるのではないでしょうか。

ところで、ちんげの処理については脱毛が最適で推奨されると解説させていただきましたが、ほかにも家庭用脱毛器を使用した処理方法だと、手軽に自宅でセルフ処理することができます。

家庭用脱毛器を利用した毛の処理の、お手入れの手間や時間がかからないなどの利点や、家庭用脱毛器では対処できない部位や注意点などについて、メリットやデメリットを交えて次項で解説させていただきます。

家庭用脱毛器の利点と注意点

ご家庭で自身で気軽にムダ毛処理したいという方達に人気が高いのが、家庭用脱毛器を使用しての脱毛処理です。
クリニックやサロンに通うことなく、お家の中で手軽に脱毛処理が可能になるメリットは、脱毛方法としても人気が高い一因ではないでしょうか。

気軽に自宅で可能な家庭用脱毛ですが、いちばん重要な脱毛効果の面では、やや猜疑的な点があります。一般家庭での使用を前提としているためか、光照射の出力パワーは安全面から制限が加えられており、週に1~2回定期的に継続して多くの回数を重ねることで、ようやく減毛効果を実感できるかもしれないという印象です。
さらに、ほとんどの家庭用脱毛器ではvio部位への使用は非対応となっている機器が多い印象です。特にvioラインの中でも、iラインやoラインについては、ほとんどの家庭用脱毛器が非対応となっているようです。

vioライン周辺はメラニン色素でもある黒ずみが生じやすい部位でもあるので、メラニン色素に対してダメージを与える脱毛機器を個人で使用する場合は、高いリスクを考慮する必要があります。vioをはじめ色素沈着が見られる部位での使用は、火傷や肌荒れなど危険性がとても高いため、自己責任であっても家庭用脱毛器を使用しての脱毛処理はお薦めできるものではございません

vio部位自体が家庭用脱毛機器による光照射がとても難しい部位になるので、肌の状態をしっかりと確認できないまま同じ場所に継続的に続けて照射する処理行為は、肌の炎症や火傷の危険性が高まるため、決して推奨できる処理方法ではありません。
それでも、どうしても家庭用脱毛器を使用しての脱毛を試みたい方は、万一の時に対処できるように情報収集や事前準備をしっかりと整え、炎症や火傷などの肌のトラブル発生時には自己判断せずに、医療機関を受診されることが推奨されるでしょう。

家庭用脱毛器の利点と注意点のイメージ

万一の時も高い安心感の医療脱毛

さて、ちんげの処理方法としての脱毛については、ご自宅で家庭用脱毛機器の使用以外にも、専用サロンでの光照射による脱毛や医療機関であるクリニックのみで施術可能なレーザー照射による医療脱毛などの選択肢があります。

医療脱毛の最大の特長は、脱毛サロンでの光照射による脱毛よりも、かなり強力なレーザー照射による発毛組織を破壊する脱毛施術が可能な点になります。

クリニックでの脱毛が効果をしっかり実感できると紹介されるのは、

一般サロンと医療機関ではこのような大きな相違点

があるためです。

さらに医療脱毛は毛量を減らしたり生える周期を遅らせるというような継続しないと効果が維持しにくい方法ではなく、発毛システムのもとである毛根組織自体を破壊することにより、発毛システム自体を停止させて毛が生えないような状態にする脱毛となります。

もし、数回前後の脱毛処理でずっと毛が生えなくなるような、

永久脱毛を希望される方は、医療脱毛一択

となるでしょう。

そして、医療脱毛のもう一つの特長としては、1~2週間ごとに照射が必要な家庭用脱毛機器などと違い、1回の脱毛施術には1~数ヵ月程度の間隔が必要になります。
ですので、医療脱毛はツルツルになるまでには1年以上の期間が必要になるのが普通ですが、毛周期にしっかりあわせて強力な出力で照射するため一定期間は必要になりますが、低回数の脱毛施術で永久脱毛を実感いただける点になります。

もし維持や継続ケアがほとんど必要なくなる永久脱毛に興味をお持ちであれば、通院回数は多くありませんが1年前後の期間は要するため、早めに医療機関を受診することが推奨されるでしょう。
そして、医療脱毛を対応しているほとんどのクリニックでは、万一肌や皮膚のトラブルや体調異変などがあった場合に診察も可能ですし、もちろん処方箋を発行することも可能です。

万一の時も高い安心感の医療脱毛

元々デリケートな地肌に対して人工的な処理を行うリスクがあり、デリケートゾーンでもある”ちんげの脱毛”は、安全への配慮や医療行為対応が必要になるケースもあるため、プロフェッショナルでもある専門医に任せていただければ、安心して脱毛処理を進めていただくことが可能かと存じます。

メンズスキンクリニックでは、ちんげの脱毛だけでなく、デリケートゾーン全般のvio脱毛コースもご用意させていただいております。
ぜひ少ない通院や施術回数での永久的な脱毛をご検討されている方は、メンズスキンクリニックへご相談ください。事前に無料カウンセリングで詳しく確認ができるので、安心して医療脱毛を検討していただくことが可能です。

モニターさまによる医療メンズ脱毛体験

メンズスキンクリニックで実際に医療脱毛施術を受けたモニターさまに感想を語っていただいております。
体験をもとに実際の医療脱毛の感想と脱毛エステとの違いなどについて解説いただきました。

メンズスキンクリニックの脱毛モニターYouTube動画 》

記事の監修および著者

この男性のちんげを剃ることや脱毛に関する解説ページは医療施術に関する専門的な内容になっています。日本形成外科学会(JSPRS)専門医、日本美容外科学会(JSAPS)正会員を有する メンズスキンクリニック医師陣が監修し著述しております。

記事の監修および著者:メンズスキンクリニック院長 高比史代

無料でお問合せ

メンズスキンクリニックではちんげの脱毛処理についてのカウンセリング料、診察料、再診料などは頂いておりません
ご相談やお問い合わせはすべて無料でご対応させていただいております。
事前にご不安や心配な点などはすべてクリアしていただいてから、安心して施術を開始できます。

この記事をシェアする